マイホームを購入したいなら住宅ローン審査に通過する必要があります

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
将来、住宅ローンを考えているけど高額なために少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。
そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。
実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。
注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、会員だからこそ利用できる割引サービスは嬉しいですね。
ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。
自宅購入を考えた時住宅ローンが役立ちます。銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。
返済期間に関しては人それぞれになりますが最長で35年の期間が借り入れ可能です。
しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。
多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関しては難しくなるケースが多いようです。新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。ただし注意しておきたい点がいくつかあります。その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。
メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。
古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

Contents

HOME

未分類

カテゴリー

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)住宅ローン金利の変化を調べよう. All rights reserved.