住宅ローンの返済が終わってないのに離婚すると支払いはどうなる?

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認しお互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。
家を売ってお金にするという方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、どちらかが残りの返済を迫られることになります。
よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。
家の購入で初めに思う事は資金繰りの事ではないでしょうか。全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険にも加入するように言われます。
これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金がなくなる。という保険です。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。住宅の価値を重視して審査を行います。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。
申し込み法は手軽にでき近場にある金融機関で可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。
加えて、不動産屋と協力している銀行にするという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

Contents

HOME

未分類

カテゴリー

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)住宅ローン金利の変化を調べよう. All rights reserved.